氷温熟成 さば水煮 美味しさの秘密は氷温熟成!

「氷温熟成」について

0℃以下からモノが凍り始めるまでの「氷温域」(いわゆる凍る直前)で貯蔵や加工を行う「氷温熟成」は、美味しさが高まることで知られている技術です。

氷温熟成さば水煮の認定証
氷温食品 認定証

氷温協会から氷温食品として認定を受けたさば水煮缶です。

さば水煮缶パッケージ

氷温熟成により品質の向上が認められた食品が取得できる認定です。

  • 化学調味料
    不使用
  • さばの素材本来の
    美味しさ
  • 脂がのった秋サバ
    三陸産さば使用

氷温熟成ポイント

さば
1.旨味や甘み成分アップ
水温域のストレス下にさらされると自分を守ろうとして不凍物質(旨みや甘み成分)が蓄えられる。
2.原料の鮮度をキープ
氷温下では食品中の水分が隅々まで行きわたるため、ドリップ(時間が経った魚や肉から出る汁)が出にくく、鮮度を保ったまま缶詰に加工ができる。

成分比較

グルタミン酸 甘味・旨味アップ!
イノシン酸 甘味・旨味アップ!
硬さダウン 魚のしっとり感 なめらかさアップ!

氷温食品関連特許「加熱加工食品の高品質化方法」

通常の食品中の水分状態

通常の食品中の水分状態

通常、食品中の水分は不均一に存在しているため、食品の加熱過程において外部からの熱は食品内部に均等に伝わらない

加熱ムラ、食品内部からの旨み成分の流出、食品中の水分の部分的乾燥を招く

食品の外観、味、風味、食感等の品質低下

氷温技術を導入
氷温熟成後の食品中の水分状態

氷温熟成後の食品中の水分状態

食品中の水分が均一に行きわたるため、外部からの熱が食品内部に均等に伝わる

加熱ムラの低減、旨み成分の流出防止、乾燥防止等の加熱方法の改善につながる

加工前に氷温熟成を行うことにより、缶詰の加熱殺菌による味、食感の品質低下を防ぎます

三陸産旬の秋さば使用

いなばの氷温熟成さば水煮は三陸産の秋さばを使っています!
三陸産の秋さばとは?
日本のマサバは春に伊豆周辺で産卵します。
産卵にはとても体力を使うのでこの時期のさばはやせ細っています。
夏にエサの豊富なエサ場を目指し北上。産卵に備えて丸々と太ります。
そして秋、産卵場に戻ろうとする美味しいさば、これが三陸産の秋さばです。