殺菌乳酸菌について

乳酸菌研究の第一人者 光岡知足先生対談より(健康産業新聞)
乳酸菌ブームの影響か、今年に入って大手食品メーカーが乳酸菌そのものを1食あたり100億個程度配合した商品を続々と上市しています。乳酸菌の数としては、<span>光岡先生が推奨される1日1兆個</span>以上という量に到達していません。<br>また、乳酸菌の製造工程において、できるだけ菌体を多く集めるために、菌を培養した液体を遠心分離し、菌体だけを集めているため、当たり前ですが菌体付着成分や代謝産物は存在していません。
乳酸菌の数としては 1日1兆個以上を推奨

生きた乳酸菌を含む食品と摂る「プロバイオティクス」が推奨されてきましたが
それでは「死んだ菌は摂っても意味は無い」ということになる。

それは正しくはありません。
実際には生きた菌・死んだ菌に関わりなく菌体成分や菌が
作りだした物質が腸に作用するのです。

私は「生きた菌」を重視しすぎるイビツさを改善するために、
「プロバイオティクス」に代わる
「バイオジェニックス」という新しい概念を提唱しています。

いなば食品で使用している乳酸菌は「殺菌乳酸菌」というものです。
これはとても優れものなんです。

いなば食品使用の殺菌乳酸菌とは?

1
菌が高密度に集まっているので、
少量でたくさんの菌数を摂取可能
菌体を高密度に集菌
2
胃酸の影響を受けにくく、
菌が無駄なく腸の奥まで届きます
胃酸の影響
3
とっても微小。だから小腸の内壁にある免疫細胞が
集まったパイエル板に取り込まれやすい。
棒状の乳酸菌は大きく、EC-12に比べて取り込まれにくい。
とっても微小