ツナ缶の基礎知識
KNOWLEDGE OF TUNA-CNA

ツナ缶

ツナ缶は、まぐろ・かつお類からできる缶詰です。
ひとくちにツナ缶といっても、原料や形状、調理の違いでさまざま。
どんな種類があるか、見ていきましょう。

原料の種類

  ツナ缶の名称 特徴
びんながまぐろ
Albacore
ホワイトツナ/
ホワイトミート
胸鰭が長いので
「びん長」と呼ばれます。
白いフレーク片が特徴で、高級ツナ缶詰の原料
きはだまぐろ
Yellowfin
ライトツナ/ライトミート 肌が黄色みをおびているので 「黄肌」
かつお
Skipjack
腹側に縦縞がある。
脂の少ないものはかつお節に向く
めばちまぐろ
Big-eye
目が大きいので「目鉢」。
ずんぐりした体形

調理の種類

油漬 調味液の約半分以上が油のもの。こくのある味わい。
油入り水煮
(油ひかえめタイプ)
調味液のうち油が半分未満のもの。
水煮
(ノンオイル・オイル無添加)
油を調味に使用せず、水や野菜スープだけで仕上げたもの。あっさりしたヘルシーな味わい。

形状の種類

ソリッド(ファンシー) フレーク
ソリッド(ファンシー) フレーク
かたまりの肉のままパックしたもの。肉の形を活かしたい料理に。 フレーク状に細かくほぐしたもの。サラダやスープなど、様々な料理に。

たとえば、「いなばライトツナ スーパーノンオイル」は、きはだまぐろの水煮・フレークタイプです。

きはだマグロ水煮 フレークタイプ